家事もできない程の体の不調が改善。自律神経失調症も改善の兆し。

写真はイメージです。

人間の体の不調や、精神的な不安定さは体の歪みや使い方などのバランスの悪さから起こっていることが良くあります。

58際、Aさんの例です。

※年齢は当記事執筆時

Aさんは高校生の頃から不安感が強くパニック症でした。

それにより20代前半より自律神経失調症に対応した薬を飲み続けていました。

その後、25年ほど前より顎関節症が気になっており、20年ほど前からは首や肩のコリに苛まされていました。

Aさんは針やマッサージ、整体などの様々な施術を試してきましたが、あまり改善は見られませんでした。

その様な中で当きとう整骨院へ来院いただきました。

施術前は体中の関節が固く、首や肩だけでなく、あらゆる部分が突っ張って曲げにくい状況でした。

そこでバイタルリアクトセラピーの施術を行うことにしました。

施術後はすぐに体の突っ張りが取れて軽く関節を曲げられるようになりました。

その後、定期的に来院いただくことにより、日々の生活で元に戻ろうとする癖の付いた体を少しづつ改善していきました。

今では以前と比べて、圧倒的に体が疲れにくくなったとおっしゃって頂いています。

Aさんは現在、週に1回来院頂き、体のメンテナンスを行っています。

目次

以下、備忘元素材


58歳 女性初診 令和2年6月豊田市在住
高校生の頃から不安感が強くパニック症だった。20代前半から自律神経失調症の薬を飲んでいる。20年位前から首、肩凝りもひどく顎関節症も25年位前から気になっている。鍼やマッサージ、整体など色々と試しては来たが、あまり改善は見られなかった。バイタルの治療では、治療前は体中の関節が固く、突っ張って曲げにくかったのが、治療後にはつっぱりが取れて軽く曲げられるようになった。定期的に通うことによって、以前と比べ、身体が疲れにくくなった

最初はベットから顔を起こすことができないくらい首が痛く困っていた。家の掃除、家事全般ができなかった。旦那も困っていた。旦那さんに車で送ってもらっていた。体がこわばっていて重い感じがした。体重は軽いがこちらに来て軽くなって、動けるようになって家事もできるようになった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる