整形外科の通院で改善しなかった坐骨神経痛がバイタルリアクトセラピーで改善

写真はイメージです。

74歳、瑞穂区在住の女性Bさんのケースです。

年齢は記事執筆時点の物です。

目次

足の痛みや痺れ

Bさんは〇○歳の頃より、足に痛みや痺れがで始めていました。

仕事の忙しさが原因だと当時のBさんは考えていました。

接骨院へ通っても症状は改善せず、整形外科で「坐骨神経痛」と診断されたそうです。

整形外科へは毎日通院し、電気治療やときにはモルヒネ注射を処方されたとの事。

しかし症状はその時に気休め程度には効果が感じられたが、徐々に悪くなっていきました。

やがて歩行もゆっくりしか歩くことができなくなり、そのうちに車の運転もできなくなってしまいました。

一時は完全に歩けなくなり「坐骨神経症」による痛みを改善するために整形外科に入院したそうです。

その様な中、Bさんは知人を通して弊院でのバイタルリアクトセラピーの施術を勧められたとのこと。

私がBさんと初めてお会いしたのは、その様な状況の中でした。

初回は改善が感じられなかったが、やがて歩けるように

初回の施術では状況が悪すぎて劇的な改善は見込めませんでした。

体を改善させる方向に向けるための土台作りの施術を行っていきました。

○回ほど通院頂き回数を重ねて頂き、体の本来の動きができるように施術を行っていきました。

やがて、足の運びが楽になるのが分かり、できなかった長時間の家事ができるようになりました。

体力も少しづつ昔のように戻ってきて、今では〇〇Km (〇〇分) のウォーキングが日課になっているそうです。

Bさん

最初にしっかり説明してくれたので、根気よく通院することができました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる